現在の位置

給食通信(二月)

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

★ 使用食材の詳細は、献立表二月をご覧ください。

☆ 学校給食摂取基準に沿った食塩相当量(1食2.5g未満)になるように努めています。

2月28日金曜日【ご飯・牛乳・ハンバーグのデミグラスソースがけ・マスタードポテト・キャベツとウインナーのスープ】

 体の調子を整えるために、野菜をたっぷりとる必要があります。量の目安としては、食事ごとに手のひら一杯だそうです。

 給食でも十分に取れるように、具だくさんのスープにしたり、副菜をつけたりして提供しています。

2月27日木曜日【コーン味噌ラーメン・牛乳・鶏つくねとえのき茸のしゅうまい・蒟蒻サラダ】

 サラダは一度茹で、脱水して冷却しているので、冷たく、歯ごたえも残ったものを提供することができます。

2月26日水曜日【ビビンバ丼・牛乳・味噌キムチスープ・みかんゼリー】

 ビビンバ丼は、ご飯の上に焼き肉、野菜ナムル、錦糸卵を盛り付けて、各自で混ぜながら食べます。給食室は大忙しでしたが、残りは少なく、疲れも吹き飛びました。

2月25日火曜日【きな粉揚げパン・牛乳・ツナサラダ・長ねぎのクリームスープ】

 長葱をクリームスープに使っています。玉葱とはひと味違った味わいになります。

1)油を熱し、鶏肉、長葱を炒め、水とじゃが芋を加え煮てアクをとる。

2)調味料と牛乳、ルウを加え煮込み、味を調える。

3)仕上げにあく抜きをしたほうれん草を加える。

2月21日金曜日【麩和麩和丼・牛乳・石狩汁・黒糖蒸しパン】

麩に味が染み込んで、ご飯が進む丼です。車麩と油麩を合わせて使いました。

1)ごま油を熱し、鶏肉、人参、玉ねぎ、干し椎茸を炒める。

2)椎茸の戻し汁と調味料を加え、戻した麩を加え煮込む。

3)溶き卵を流し入れとじる。

2月20日木曜日【ご飯・牛乳・酢豚・春雨スープ】

 酢豚は、豚肉に下味をつけ、片栗粉をつけて揚げます。減塩に取り組むために、下味に塩分を入れていません。ボリュームを出すために、じゃが芋を素揚げして入れています。

1)豚肉に日本酒とおろした生姜で下味をつけ、片栗粉をつけて揚げる。じゃが芋も素揚げする。

2)油を熱し、人参、玉ねぎ、筍、干し椎茸を炒め、水を加え、人参が軟らかくなるまで煮たら、調味料を加え味を調える。

3)片栗粉でとろみをつけ、グリンピース、揚げた豚肉とじゃが芋を加え、ひと煮立ちさせる。

2月19日水曜日【深川めし・牛乳・カレイ竜田揚げ・切り干し大根とひじきの煮物・小松菜の味噌汁・ヨーグルト】

 毎月19日は「食育の日」で、各地の郷土料理を紹介しています。本日は、東京都の「深川めし」です。

1)油でみじん切りの生姜とささがきのごぼうを炒め、人参、あさり、油揚げを加え、水、調味料と鰹節を加えて煮る。

2)炊飯器に米と水(煮汁を含む)を入れ、具材をのせて炊く。

3)炊き上がったら具材を全体に混ぜ、盛り付け、刻みのりをかけていただく。

2月18日火曜日【バターロール・牛乳・キャベツミートローフ・のらぼう菜のサラダ・クリームシチュー】

 『のらぼう菜』は、埼玉県の伝統野菜です。比企郡で作られています。今日は、キャベツ等と共に茹でてサラダにしました。

2月17日月曜日【ポークカレーライス・牛乳・白菜のスープ・ぶどうゼリー】

 学校のカレーは、ルウを小麦粉を油とバターでじっくりと炒めて作ります。食物繊維もとれるようにいんげん豆のペーストを加えています。市販のルウを使用するよりも、さっぱりとしたカレーになっています。

2月14日金曜日【ご飯・牛乳・鶏の唐揚げ北本葱ソース・蓮根の金平・相性汁】

 北本産長葱のソースを唐揚げにかけました。ソースが染みて、しっとりとしてさらにおいしくなりました。

1)鶏肉に酒て下味をつけ、溶き卵と片栗粉をつけて、揚げる。

2)ごま油を熱し、ねぎを炒め、水、砂糖、醤油、酢で味付けをする。

3)揚げた鶏肉にソースをかける。

2月13日木曜日【みぞれうどん・牛乳・大豆のシャリシャリ揚げ・でこぽん】

 大豆のシャリシャリ揚げは、大豆を時間をかけてシャリシャリと音がするまで揚げます。乾燥大豆を使いますが、炒り大豆を使うと時間短縮することができます。

1)大豆を戻し、さっと茹で、水気をきって片栗粉を全体にまぶす。

2)油を温め、大豆を入れて、10~15分揚げます。(炒り大豆の場合は、水で回りをぬらして、片栗粉をまぶして、2~3分揚げる。)煮干しも1分程度揚げる。

3)調味料と少量の水を煮立たせ、揚げた大豆と煮干しを入れてからめ、いりごまを振る。

2月12日水曜日【キムチチャーハン・牛乳・揚げしゅうまい・トックスープ】

 大量調理でご飯を炒めるのは難しいので、今日は炊き込んでチャーハンの様に作っています。

1)ごま油とにんにく、生姜を熱し、香りが出てきたら豚肉、キムチ、人参を加え炒める。

2)米の1.2倍の水を加え、調味料で味をつけ、具と煮汁を分ける。

3)炊飯器に米と煮汁を入れ、水分量を調整し、具といりごまをのせて炊く。

2月10日月曜日【わかめご飯・牛乳・揚げじゃがの野菜あんかけ・青梗菜のスープ】

 青梗菜は、体の調子を整えるビタミン類や食物繊維だけでなく、カルシウムもとれる栄養たっぷりの野菜です。

1)油を熱し鶏肉を炒め、人参、えのき茸、水を入れて煮る。

2)アクを取り、調味料を入れ味をつけ、青梗菜と少量の水溶き片栗粉を入れる。

3)沸騰したら溶き卵を流し入れ、長ねぎ、わかめを入れ、少量のごま油を加え香りをつける。

2月7日金曜日【ご飯・牛乳・豚肉と大根の醤油煮・すいとん汁】

 今日は北本産の野菜(大根、人参、長ねぎ、白菜)と小麦を使って給食を作りました。地粉のすいとんは、一つ一つ食べやすい大きさにちぎり入れて作りました。

1)地粉と脱脂粉乳を混ぜ合わせ、ぬるま湯と合わせてこねて、ねかしておく。

2)だしをとり、豚肉と人参を入れ、アクを取り調味料を入れたら1)を一口大にして入れていく。

3)油揚げ、白菜、長ねぎ、小松菜を加え煮えたら、味を調える。

2月6日木曜日【ソース焼きそば・牛乳・華風コーンスープ・ココアマフィン】

 焼きそばは、ご家庭では手軽にできる料理だと思いますが、大量調理になるとそうもいきません。麺をほぐすだけでも一苦労です。そんな苦労も吹き飛ばすように、大好評で、残りはほとんどありませんでした。

1)麺をほぐし、油をまぶして蒸し焼きにする。ソースを加熱し、麺とからめる。

2)油を熱し、豚肉とその他の具材を順に入れて炒める。

3)麺と具材を合わせる。

2月5日水曜日【ツナひじきご飯・牛乳・千草焼き・干瓢の炒り煮・じゃが芋の味噌汁】

 千草焼きは、いろいろな具材の入った卵焼きです。給食室では、大きく焼いて、切り分けましたが、ご家庭ではフライパンでも作ることができます。

1)油を熱し玉ねぎと鶏肉、しめじを加え炒め、調味料で味をつける。

2)あく抜きしたほうれん草を混ぜ、粗熱がとれたら溶き卵とチーズと合わせる。

3)容器に流し込み、焼きあがったら切り分ける。

2月4日火曜日【インディアンドッグ・牛乳・チキンサラダ・クラムチャウダー】

 カレー風味の具材をチーズと共に挟んで焼いたパンです。約620本挟むのは時間がかかりますが、残りはほぼ0でした。

1)油とにんにく、生姜のみじん切りを加熱し、香りが出てきたら豚挽き肉、玉葱を入れて炒める。

2)カレー粉など調味料とピーマンを加え、味を調える。

3)パンに、2)とチーズをはさみ焼く。

2月3日月曜日【ご飯・牛乳・鰯の蒲焼き・ほうれん草の胡麻和え・呉汁】

今日の節分にちなんだ献立です。蒲焼きは、魚料理の中でも人気メニューの一つです。

1)開いた鰯に片栗粉をつけて多めの油で揚げ焼きにする。

2)水・酒・砂糖・みりん・醤油を鍋に入れて、アルコール分を飛ばし、生姜おろし汁を少々加える。

3)焼きたての鰯をたれに浸す。

お問い合わせ

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969