現在の位置

給食通信(十一月)

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

☆使用食材の詳細は、献立表十一月をご覧ください。

★学校給食摂取基準に沿った食塩相当量(1食2.5g未満)になるように努めています。

11月29日金曜日【ご飯・牛乳・コロコロマンボ―・トックスープ・マーラーカオ】

大根をコロコロに切ってマーボー豆腐のような味付けにしました。北本産の大根を使って作ります。料理に興味を持ってもらうためにネーミングしました。

1)大根をコロコロに切って、下茹でする。

2)油でにんにく生姜を加熱し、香りを十分にだしてから豆板醤と豚肉を、さらに人参、長ねぎも加え炒める。

3)調味料と大根を加え、大根に味が十分に染み込んだら、片栗粉でとろみをつけて茹でた絹さやを散らす。

11月28日木曜日【きな粉揚げパン・牛乳・ツナサラダ・白菜のクリームスープ】

今年度初めての揚げパンは、きな粉揚げパンです。

1)コッペパンを200℃に温めた油で、1分程度揚げる。

2)きな粉と砂糖を混ぜ合わせる。

3)揚げたてのコッペパンにきな粉をまぶす。

11月27日水曜日【ご飯・牛乳・鯖の深谷ねぎ味噌焼き・五目煮豆・かき玉汁】

栄養たっぷりの五目煮豆です。昆布がやわらかくなるまで時間をかけて煮ました。

1)鍋に油を熱し、ごぼうと人参を加え炒める。

2)干し椎茸(戻し汁含む)、こんにゃく、大豆(水煮)、角切り昆布(戻し汁含む)を加え材料がやわらかくなるまで煮る。

3)薩摩揚、油揚げ、調味料を加え、煮汁が少なくなるまで煮含める。

11月26日火曜日【ナシゴレン・牛乳・チキンナゲット・レンズ豆のスープ・ヨーグルト】

インドネシアの料理を給食風にアレンジしています。

1)油を熱し、豚肉、玉葱、人参、マッシュルームを炒め、調味料で味付けする。

2)炊飯器に米とその1.2倍の水を入れ、1)と一緒に炊飯する。

3)蒸らし時にから煎りした桜えびを加え、よく混ぜ合わせる。

11月25日月曜日【ご飯・牛乳・豆のトマト煮・春雨スープ】

食物繊維がしっかり摂れる料理です。酢豚のような味付けになっています。

1)鶏肉は酒で下味をつけて、片栗粉をつけて揚げる。

2)ごま油と生姜を熱し、ごぼうと人参を加え柔らかくなるまで蒸し炒めにする。

3)玉葱とトマト、水、調味料、大豆(水煮)を加え煮込み、味を調え、揚げた鶏肉と茹でたいんげんを加え仕上げる。

11月22日金曜日【ご飯・牛乳・和風ハンバーグ・切り干し大根のあさり煮・じゃが芋の味噌汁】

鉄分豊富なあさりを煮物に加えました。うま味も加わって、塩分控えめでも美味しく食べられます。

1)油を熱し、人参、切り干し大根、干し椎茸を炒め、水を加え煮る。

2)油揚げ、調味料、あさりの水煮を加え、煮含める。

11月21日木曜日【けんちんうどん・牛乳・ブロッコリーサラダ・ブルーベリーマフィン】

埼玉県産ブルーベリーを使いました。食物繊維とカルシウムの強化のためおからや脱脂粉乳を入れています。

1)ホットケーキミックス粉と脱脂粉乳、砂糖、おからパウダーを加え、よく混ぜ合わせる。

2)牛乳と溶いた鶏卵を加え、よく混ぜ合わせたら、溶かしバターも加える。

3)カップに、ブルーベリーと生地を入れ、オーブンで焼く。

 

 

11月20日水曜日【ツイストパン・牛乳・里芋のミートソース煮・クリームシチュー】

北本産里芋を使い、生徒が好む味付けの料理に仕上げました。

1)油で生姜とにんにくを加熱し、香りが十分に出てきたら、豚挽き肉とみじん切りの人参、玉ねぎを炒める。

2)トマトを加え煮込み、調味料も加えさらに煮る。

3)素揚げした里芋と蓮根を加え、煮からめ、彩りにむき枝豆を散らす。

 

11月19日火曜日【しゃくし菜ご飯・牛乳・ゼリーフライ・金平ごぼう・つみっこ】

11月は彩の国ふるさと学校給食月間です。食育の日(19日)には、各地の郷土料理を紹介しています。今月は、埼玉県です。 秩父産の杓子菜の漬物を炒めてごまちりめんじゃこと一緒に炊いた「しゃくしなご飯」、「つみっこ」は、本庄市の郷土料理で、すいとんのことです。北本産の小麦粉とねぎや白菜を使って作りました。

11月18日月曜日【蓮根の焼肉丼・牛乳・じゃが芋チゲスープ・ぶどうゼリー】

シャキシャキとした食感が楽しく、コチジャンが味のアクセントになっています。

1)ニンニクとごま油を熱し、香りが出てきたら豚肉を加え、胡椒を振って炒める。

2)人参、こんにゃく、蓮根を加え炒めて、コチジャンやその他の調味料で味をつける。

3)いんげんを加え、水溶き片栗粉をとろみをつけ、少量のごま油を加えて仕上げる。

 

11月15日金曜日【北本野菜のカレーライス・牛乳・白菜スープ】

北本産の大根と人参を使ったカレーです。大根を加え、煮込むと味を含んでおいしく食べられます。

1)生姜、にんにくと油を熱し、香りが出てきたら鶏肉、人参、玉ねぎを加え炒める。

2)下茹でした大根と水を加え、アクをとり調味料とさつま芋、カレールウ等を加えて煮込む。

3)仕上げにチーズ、グリンピースを加え、塩で味を調える。

11月13日水曜日【ご飯・牛乳・豚肉と大根の醤油煮・味噌キムチスープ】

毎年秋から冬に数回給食で登場する旬の大根を使った煮物です。

1)油を熱し、豚肉、下茹でした大根、人参を炒め、水を加え煮て、アクをとる。

2)調味料、長ねぎを加え、弱火で大根に味が染みるまで時間をかけて煮る。

3)生姜の汁と麩を加え、味を含ませて、少量の水溶き片栗粉でとろみをつける。

11月12日火曜日【吹きよせご飯・牛乳・豆鯵のカレー竜田揚げ・蒟蒻サラダ・田舎汁】

今月は「彩の国ふるさと学校給食月間」です。地元の食材を積極的に使用しています。今日は、田舎汁に北本産のずいき(里芋の葉柄)を使用しました。皮をむいたり、アクを抜いたりと手間がかかりますが、昔から食べ伝えられてきた食材の一つでもあります。

 

11月11日月曜日【かき揚げ丼・牛乳・豚汁・菊花みかん】

620個のかき揚げを作り、丼たれにくぐらせました。

1)かき揚げ用の野菜といか、桜エビをよく混ぜ合わせて、少量の小麦粉と合わせておく。

2)天ぷら衣を作り、具材を混ぜ合わせ、形を作って、油で揚げる。

3)日本酒、醤油、砂糖、和風だし、水を加え、煮たたせ、その後火を弱めて10分程度煮て、丼たれをつくり、出来上がったかき揚げをくぐらせる。

11月8日金曜日【ご飯・牛乳・揚げ南瓜のそぼろ煮・相性汁】

甘辛いそぼろあんが南瓜にからんで、ご飯が進む一品です。

1)油と生姜を加熱し、香りが出てきたら豚ひき肉を加え、ポロポロになるまで炒める。

2)人参、玉ねぎも加え、ひたひたになる程度の水を加え、調味料を加え煮る。

3)生揚げ、素揚げした南瓜、グリンピースを加え煮絡め、水溶き片栗粉を溶き入れとろみをつける。

11月7日木曜日【さきたまラーメン・牛乳・大豆のシャリシャリ揚げ・りんご】

埼玉県深谷市の深谷ねぎをたっぷり使ったラーメンなので、「さきたまラーメン」と名付けました。

1)油とにんにく、生姜を加熱し、十分に香りをだし、豆板醤も加えて炒める。

2)人参、もやし、ねぎを炒め、煮干しだし汁を加え、アクをとる。

3)焼き豚、味噌、塩、胡椒で味を調え、仕上げにごま油を加える。

 

11月6日水曜日【ご飯・牛乳・高野豆腐の甘酢炒め・味噌けんちん汁】

11月は、彩の国ふるさと学校給食月間です。 地元の食材を積極的に使用しています。

主食である米は、一年を通じて県内産を使用しています。今月からは、新米になりました。つやつやに炊けたご飯はふっくらとして甘みがあります。けんちん汁に使用している味噌も1年を通じて、埼玉県産の米と大豆で作ったものを使用しています。

11月5日火曜日【バターロール・牛乳・キャベツミートローフ・粉吹き芋・トマトのクリームスープ】

カルシウムや食物繊維などがしっかりと摂れるように、考えて作ったミートローフです。大きな天板に焼いて切り分けました。

1)豚肉に塩胡椒をして粘りが出るまで混ぜてから、玉ねぎとキャベツのみじん切り、おからパウダーと牛乳を合わせたもの、脱脂粉乳、卵を加え、均一になるまで混ぜる。

2)天板にクッキングシートを敷き、1)をのせて成形して、温めたオーブンで焼く。

3)中心まで焼け、粗熱が取れたら、等分に切り分け、ケチャップソースをかける。

11月1日金曜日【肉丼・牛乳・青梗菜のスープ・みかんゼリー】

豚肉で作る丼です。ご飯がパクパク食べられます。

1)生姜のみじん切りと油を熱し、香りが出てきたら豚肉、人参、玉ねぎを炒める。

2)糸こんにゃく、具が浸る程度の水、調味料を加え、煮込む。

3)仕上げにグリンピースを加え、味を調え、水溶き片栗粉でまとめる。

 

お問い合わせ

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969