現在の位置

給食通信(六月)

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

使用食材の詳細は、献立表六月をご覧ください。

6月29日金曜日【ハヤシライス・牛乳・野菜スープ】

野菜の旨みがたっぷりのスープです。野菜をしんなりするまで炒めて作ることが美味しく作るポイントです。

1)油でセロリを炒め、しんなりしたら豚肉を炒める。

2)人参・玉葱・干し椎茸も加え、水分が出てきたら、じゃが芋・水を加え煮る。

3)アクをとり、調味料とキャベツを加え煮込み、塩胡椒で味を調える。

6月28日木曜日【アーモンドトースト・牛乳・夏野菜とソーセージの煮物・コーンポタージュ】

アーモンドが香ばしいパンです。

1)砂糖、アーモンド粉、マーガリンを混ぜ合わせる。

2)食パンに塗り、スライスアーモンドをふりかけ、焼く。

 

6月27日水曜日【ご飯・牛乳・厚焼き玉子・切り昆布の煮物・豚汁】

 切り昆布の煮物は、乾燥した切り昆布を戻して作ります。初めは、残りが多かったメニューですが、食べ慣れてきたようで、今日は残りが少なくなりました。

1)ごま油を熱し、材料を炒める。

2)水と昆布と干し椎茸の戻し汁を加えて、アクをとる。

3)調味料を加え、煮含める。

6月26日火曜日【ウィンチャップライス・牛乳・チキンナゲット・フラワーサラダ・玉ねぎドレッシング・青梗菜のクリームスープ】

 ウィンナーとケチャップで作るウィンチャップライス。当時小学6年生の児童が名づけてくれました。本校の施設ではケチャップを使用すると調理が難しいため、トマトピューレなどで味付けしています。

1)玉ねぎを油で炒め、ソーセージ、調味料、水を加えひと煮立ちさせ味をみる。

2)研いだ米を炊飯器に入れ、1)の煮汁と水を入れ、適量の水分にする。

3)具材をのせて、炊飯スイッチを入れる。炊けたら、茹でたグリンピースを混ぜ合わせる。

 ※ご家庭では、1)を省略することも可能です。

 

6月25日月曜日【ご飯・牛乳・鶏肉と大豆のオイスターソース煮・ワンタンスープ】

 オイスターソースの旨みが大豆に染み込み、ご飯が進む一品です。

1)鶏肉は下味をつけて、片栗粉をつけて油で揚げる。

2)鍋に油を熱し生姜を加え、香りが出たらエリンギも加え、水と調味料、茹で大豆を加え煮る。

3)長ねぎを加え、1)の鶏肉を加えひと煮立ちさせる。

6月20日水曜日【彩り野菜の中華あんかけご飯・牛乳・塩麹鶏のスタミナスープ・冷凍みかん】

塩味で、あっさりとした味わいですが、塩麹を使って鶏肉の旨みがましているスープです。

1)鶏肉と塩麹をませ込み浸けておく。

2)鍋に油とにんにくを加熱し、1)の鶏肉とエリンギも炒め、水を加え煮る。

3)アクとり後、キャべツと調味料を加えひと煮立ちしたら、味を調えにらと長葱を加えて仕上げる。

6月19日火曜日【深川めし・牛乳・高野豆腐の甘酢炒め・小松菜の味噌汁】

毎月19日、食育の日には、各地の郷土料理を提供しています。今月は東京都の深川めしです。

1)ささがきにしたごぼうを油で炒め、人参、油揚げ、生姜の千切り、あさり、調味料で煮る。

2)具と汁を分け、研いだ米と水と煮汁で水分を調整し、具を上にのせて炊飯する。

3)炊き上がったらよく混ぜ合わせ、盛り付けて刻みのりをかけて食べる。

6月18日月曜日【ご飯・牛乳・厚揚げと豚肉のピリ辛炒め・どさんこ汁】

豆板醤や甜麺醤で味付けしたピリ辛炒めは、ご飯が進む一品です。

1)豚肉は、日本酒と醤油で下味をつけておく。

2)鍋に、にんにくとごま油を加熱し、香りが出てきたら豆板醤、豚肉を炒める。

3)筍と水、調味料、生揚げを入れ煮て、最後に戻した春雨、にら、ごま油を混ぜ合わせる。汁があれば、水溶き片栗粉少々でまとめる。

6月15日金曜日【青梗菜丼・牛乳・じゃが芋のチゲスープ・メロン】

彩りよく、具だくさんの青梗菜丼は、カルシウムやビタミンもしっかり摂れます。

1)鍋に油とにんにく、生姜を入れ加熱し、香りが出てきたら豚肉を入れて炒める。

2)人参、干し椎茸、油揚げ、長ねぎ、青梗菜を順に炒め、調味料と水を入れる。

3)味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけてでご飯の上にかける。

6月14日木曜日【広東麺・牛乳・蒟蒻サラダ・和風ドレッシング・黒糖蒸しパン】

黒糖を混ぜて作る蒸しパンは、風味も味も良く出来上がりました。

1)蒸しパンミックス粉に黒砂糖と刻んだレーズン、水、油を加えて混ぜ合わせる。

2)カップに流し入れ、刻んだクルミを上に散らす。

3)15分ほど蒸す。

6月13日水曜日【カレーピラフのホワイトソースがけ・牛乳・ミネストラスープ】

ピリッと辛いカレーピラフにホワイトソースをかけるとマイルドになり食べやすくなり、カルシウムの強化にもなります。

1)鍋に油を熱しピラフの具材を炒め、調味料と水を入れて煮る。

2)炊飯器に研いだ米と1)の煮汁を含む水を加え、その上に具をのせ炊く。

3)ホワイトソースを作り、ピラフの上にかける。

6月12日火曜日【バターロール・牛乳・ボルシチ・ロシアンサラダ・ヨーグルト】

 もうすぐサッカーのワールドカップが始まります。会場国にちなんだ料理を提供しました。ボルシチは、ビーツを入れて煮込んで作る代表的なロシア料理です。長野県産ビーツと北本産トマトを使用して、肉や野菜と一緒にじっくりと煮込んで作りました。

6月8日金曜日【ご飯・牛乳・ホキの甘酢あんかけ・春雨サラダ・じゃが芋の味噌汁】

ほきは、たらに似た白身の魚です。甘酢あんをかけて、より食べやすくしました。

1)ホキの切り身に片栗粉をつけて油で加熱する。

2)鍋に水と薄切りにした野菜等を入れて加熱し、沸騰したら調味料で味をつけ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

3)ホキに甘酢あんをかける。

6月7日木曜日【カレーうどん・牛乳・味噌ポテト】

味噌ポテトは、秩父地方の郷土料理で、給食にもたびたび登場する人気メニューです。

1)じゃが芋を切り、小麦粉と水で衣を作りつけ、油で揚げる。

2)味噌:日本酒:みりん:砂糖:水=2:1:1:2:4の割合で混ぜ、トロッとするまで10分位煮て、最後にすりごまと合わせる。

3)天ぷらにしたじゃが芋にみそだれをかける。

6月6日水曜日【枝豆チャーハン・牛乳・揚げ餃子・トックスープ・アップルゼリー】

炊飯器で炊き込んで作るチャーハンです。

1)ごま油とにんにく、生姜を熱し、玉葱、人参、干し椎茸、ハム、なるとを炒める。

2)調味料を入れ、むき枝豆を入れる。

3)炊飯器に米、水を入れ、2)を加えて炊く。

6月5日火曜日【黒パン・牛乳・ポークビーンズ・コーンチャウダー】

北本産のじゃが芋と人参を四角く切りそろえて、チャウダーに使用しました。

1)ベーコンをから煎りし、人参、玉葱、じゃが芋を順に炒め、水を加え煮る。

2)調味料とホールコーン・クリームコーン、ホワイトルウ、牛乳、脱脂粉乳を加え煮込む。

3)グリンピースを入れ、味を調える。

 

6月4日月曜日【わかめご飯・牛乳・揚げじゃがの野菜あんかけ・中華スープ】

揚げじゃがの野菜あんかけは、北本産じゃが芋を使ったメニューです。

1)じゃが芋を素揚げにする。

2)鍋に油と生姜を入れ加熱し、豚肉、人参、筍、干し椎茸、玉ねぎを炒め、水を入れ煮る。

3)調味料を入れ味を調え、下茹でしたいんげんと水溶き片栗粉を入れ、1)と混ぜ合わせる。

6月1日金曜日【白飯・牛乳・マーボー厚揚げ・中華スープ】

マーボー厚揚げは、学区内の生産者の方が作ったトマトを使ったメニューです。うま味たっぷりなトマトなので、煮込んで味噌などの調味料と合わせてもおいしく食べられます。

1)鍋にニンニクと生姜、油を熱し、香りが出てきたら豚ひき肉を入れてそぼろ状に炒める。

2)人参、玉葱、長ねぎ、トマトを入れ煮込み、調味料を入れる。

3)厚揚げを入れ、味を染み込ませ、水溶き片栗粉とごま油を入れて仕上げる。

お問い合わせ

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969