現在の位置

給食通信(六月)

給食メニューの作り方を簡単に紹介しています。

★使用食材の詳細は、献立表六月をご覧ください。

★学校給食摂取基準に沿った食塩相当量(1食2.5g未満)になるように努めています。

6月28日金曜日【ご飯・牛乳・酢豚・青梗菜のスープ】

酢豚にじゃが芋を加えているのが、給食酢豚の特徴です。

1)豚肉に生姜と酒で下味をつけ30分程度おき、片栗粉をつけて揚げる。じゃが芋も素揚げする。

2)油を熱し、人参、玉ねぎ、筍、干し椎茸を炒め、椎茸戻し汁を加えて人参がやわらかくなるまで加熱する。

3)調味料を加え、グリンピースと揚げた豚肉を加え、最後にじゃが芋を加え混ぜ合わる。

 

6月27日木曜日【黒パン・牛乳・夏野菜とソーセージの煮物・コーンポタージュ】

ズッキーニ、なす、トマト、ピーマン、夏野菜の旨みたっぷりの煮物です。

1)オリーブ油とにんにくを加熱し色づく程度にゆっくり加熱する。

2)人参、玉ねぎを蓋をしながら蒸し炒めにし人参がやわらかくなってきたら、ソーセージとトマト、茹でた大福豆を加え、さらに蓋をしながら煮る。

3)調味料となす、ズッキーニ、ピーマンを加え、酸味が和らぐまで煮て、仕上げに別に茹でたマカロニを加える。

6月26日水曜日【中華炊き込みご飯・牛乳・揚げしゅうまい・春雨スープ・冷凍みかん】

つるっとした春雨の食感が良い、具だくさんのスープです。

1)鍋に油を熱し、豚肉、人参、干し椎茸の順に加えて炒める。

2)湯(干し椎茸戻し汁含む)を入れて、アクを取り、もやしとキャベツを加える。

3)調味料と春雨を入れ煮て、仕上げに長葱とごま油を加える。

6月25日火曜日【ポークカレーライス・牛乳・野菜スープ】

野菜をたっぷりとれる料理の一つにこの野菜スープがあります。香味野菜であるセロリをじっくり炒めて風味を引き出したり、干し椎茸の旨みを加えたりして食塩量が少なくてもおいしく美味しく感じられるように工夫しています。

1)油を熱しセロリをしんなりとするまで炒められたら、豚肉を加えさらに炒める。

2)人参、玉ねぎ、干し椎茸を加え蓋をしながら蒸し炒めにして、水を加えてアクをとる。

3)調味料、キャベツ、マカロニを加え、マカロニがやわらかくなるまで煮る。

6月24日月曜日【ご飯・牛乳・揚げ鶏のレモン煮・ポテトサラダ・坦々味噌汁】

酸味や辛みは、減塩に役立つ料理法です。今日のレモン煮もその一つです。

1)鶏むね肉に酒を振り30分位おいたら、片栗粉をつけて揚げる。

2)醤油、砂糖、水を煮立たせ、レモン汁を加える。

3)唐揚げをたれの中に入れ、ひと煮立ちさせたれを絡ませる。

6月21日金曜日【かて飯・牛乳・ゼリーフライ・ひじきの煮物・豚汁】

 「食育の日献立」として、各地の郷土料理を紹介しています。今月は、彩の国ふるさと学校給食月間なので、埼玉県の郷土料理です。

 ゼリーフライは、おからを使った小判(銭→ゼニ)のかたちに似せたことからこの名がついた、行田の料理です。かて飯は、秩父地方の料理で、地元でとれる具材(糧)をい入れたご飯です。

6月20日木曜日【子供パン・牛乳・ハンバーグのトマトソースがけ・フライドポテト・クラムチャウダー】

食塩相当量の摂取基準量が減ったことに伴って、様々な減塩への工夫に取り組んでいます。香辛料を加えるのも減塩の工夫の一つです。フライドポテトには、カレー粉を加えて食塩の使用量を少なくしました。

1)じゃが芋を素素揚げする。

2)油でパセリを炒め、カレー粉、胡椒、塩を混ぜ合わせる。

3)素揚げしたじゃが芋と2)を混ぜ合わせる。

6月19日水曜日【ご飯・牛乳・ポークジンジャー・じゃが芋の味噌汁】

生姜をたっぷり使ったポークジンジャーは、肉だけでなく野菜等もしっかりと摂れるようになっています。

1)豚肉をおろし生姜と酒で下味をつけておく。

2)フライパンに油を熱し、下味をつけた豚肉、人参、玉ねぎ、えのき茸、エリンギを入れて炒める。

3)調味料で味付けし、赤と緑ピーマンを加えて仕上げる。

 

6月14日金曜日【カラフル野菜と豆腐のドライカレーライス・牛乳・ロシアスープ・ヨーグルト】

豆腐と野菜の水分だけで煮て、とろみも豆腐でつけている。ヘルシーなカレーです。

1)生姜にんにくを油で加熱し、香りが十分に出てきたら豚肉を入れて炒める。

2)人参玉ねぎを加え、蒸し炒めにし、小麦粉を振り入れ、ピューレ状にした豆腐とその他の調味料とトマトピューレを加え煮る。

3)枝豆、ピーマン、とうもろこしを加え煮て、味を調える。

6月13日木曜日【カルビラーメン・牛乳・揚げ餃子・蒟蒻サラダ】

カルビラーメンは、コチジャンで味付けたピリ辛の味付けです。

1)生姜にんにくと油を加熱し、豚肉、人参、筍を炒める。

2)水を入れて、アクをとり、人参、もやし、白菜、調味料を入れ煮る。

3)葱を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を加え、味を調える。

6月12日水曜日【ご飯・牛乳・揚げじゃがのそぼろ煮・キャベツの味噌汁】

うま味アップと大量調理でも見た目よく出来上がるようにじゃが芋を素揚げしています。

1)油と生姜を加熱して、香りが出てきたら豚ひき肉を炒める。

2)人参、玉ねぎ、干し椎茸を炒め、水、調味料を加える。

3)グリンピースと素揚げしたじゃが芋を加え煮て、水溶き片栗粉でまとめる。

6月10日月曜日【ご飯・牛乳・豆のトマト煮・わかめスープ・・卯の花チーズマフィン】

おからのパウダーを使ったマフィンは、手軽に食物繊維を補えます。

1)おからとホットケーキミックス粉等(献立表をご覧ください)材料を全て混ぜ合わせる。

2)カップに入れ、焼く。

6月7日金曜日【ご飯・牛乳・ホキの南蛮漬け・春雨サラダ・相性汁】

ホキは、鱈に良く似た味の白身の魚です。給食にはよく登場して、南蛮漬けの味付けにも合います。

1)ごま油とにんにく、生姜を加熱し、香りを十分にだし、長ねぎ、唐辛子を加えて炒める。

2)水と調味料を加え、煮たたせる。

3)ホキに片栗粉をつけて、揚げ、たれをかける。

6月6日木曜日【カレー南蛮・牛乳・味噌ポテト・バレンシアオレンジ】

)

6月は、彩の国ふるさと学校給食月間です。味噌ポテトは、秩父地方の郷土料理です。田植えの時期などの農作業の合間に食べられるようになったのが始まりだそうです。(減塩に取り組んでいますので、今までよりも味噌の量を控えてあります。)

1)じゃが芋を天ぷらにする。

2)調味料と水、すりごまを入れて、トロットするまで煮詰める。

3)天ぷらとごまだれを絡める。

6月5日水曜日【彩野菜の中華あんかけご飯・牛乳・ワンタンスープ・グレープゼリー】

あんかけご飯は豆板醤を使ってピリ辛い味付けです。暑くても食欲が出ます。

1)ごま油とにんにく、生姜を加熱し、香りが出てきたら豆板醤、豚挽き肉を加えよく炒める。

2)玉ねぎ、筍、干し椎茸を炒め、水と調味料を加え煮立たせる。

3)ピーマン、絹さやを加え味を調え、水溶き片栗粉でまとめてごま油を入れる。

 

6月4日火曜日【スティックパン・トマトスパゲッティ・牛乳・トルティージャ・コーンスープ】

北本産トマトを使ってさまざまな料理が出ましたが、今日がシーズン最終日です。今日も学校のすぐ近くの農園でとれたものです。麺にに絡んでしまってわかりづらいですが、25Kgのトマトを使いました。

1)ニンニクとオリーブ油を加熱し、色づくぐらいに加熱し、玉ねぎを入れて30分ぐらいじっくり炒める。

2)3/4量のトマト、バジルを入れて、30分位煮込む。

3)ベーコン、野菜、調味料を入れて煮て、アルデンテに茹でたパスタを絡める。

6月3日月曜日【白飯・牛乳・マーボー厚揚げ・中華スープ】

マーボー厚揚げは、トマトと厚揚げを使った麻婆豆腐のアレンジレシピです。トマトは、学区内の生産者の方が作ったものです。トマトにはグルタミン酸が多いので、旨味が多いと調味料が少なくてもおいしい料理になります。

1)鍋にニンニクと生姜、油を熱し、香りが出てきたら豚ひき肉を入れてそぼろ状に炒める。

2)人参、玉葱、長ねぎ、トマトを入れ煮込み、調味料を入れる。

3)厚揚げを入れ、味を染み込ませ、水溶き片栗粉とごま油を入れて仕上げる。

お問い合わせ

北本中学校
〒364-0033
埼玉県北本市本町1-1-1
電話:048-591-2057
ファックス:048-591-2969